お知らせ

トップページ > お知らせ > 第24回紀州口熊野マラソン救護トレーナー活動

2019年2月3日(日)、和歌山県上富田町で第24回紀州口熊野マラソンが行われました。

口熊野マラソンは、自然豊かなマラソンコースで、小学生の部から70歳以上の方まで、2キロ、3キロ、ハーフ、フルと、さまざまな世代と志向で親しまれている大会です。

そして、今回も熊野古道の歴史あふれるコースを大勢のランナーが走られました。

当会から紀南支部の

能城 章人 支部長

木本 匡巳 会員

阪本 哲次 会員

中井  健 会員

野口  猛 会員

古久保 圭 会員

古久保 成紀 会員

小畑 友邦 会員

坂本 大和 会員

林 勤 会員

松葉 康司 会員

の11名で、救護のボランティア活動を行いました。

当会ブースには260名程の利用があり、テーピングやストレッチなどのコンデショニングケアから、アイシングなどの応急手当などをおこないました。

公益社団法人和歌山県柔道整復師会の会員は、地域の身近なトレーナーとして、皆さまのお役に立てるよう尽力している接骨院の先生です。


今後とも公益のために、地道な活動を続けていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

ページトップへ